解体工事後の土地活用で、駐車場経営をするメリットとデメリットについて

空き家の解体工事後の土地活用で最も多く行われているのが、駐車場経営です。

 

駐車場経営には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

これから、解体工事を行い、駐車場経営を考えているという人は知っておきましょう。

駐車場経営のメリットとは?

空き家の解体工事後の土地活用として、最も多く行われているのが駐車場経営です。

 

解体工事後も固定資産税を支払うことになるので、その土地から収入を生み出すために駐車場経営を始めるという人が多いのですが、駐車場経営のメリットとは、どのようなものなのでしょうか?

 

駐車場経営のメリットの1つは、新しくマンションやアパートを建てるのに比べて、初期費用が安く済むということです。

 

新しく、マンションやアパートを建設するとなると、莫大なコストがかかります。

 

しかし、駐車場経営であれば、舗装するための費用や設備などに費用はかかるものの、マンションやアパートを建設するよりも少ない費用でスタートすることができます。

 

それから、新しくマンションやアパートを建設するよりも短い期間で駐車場経営を始めることができるというのも大きなメリットです。

 

マンションやアパートを建設するとなると、規模にもよりますが、1年以上かかる場合もありますので、すぐにマンション、アパート経営をするのは難しくなります。
ですが、駐車場経営なら比較的短期間で始められるので、オススメです。

 

万が一失敗してもリスクが少ないのもメリットとして挙げられます。

 

駐車場は、ほとんど余分なものがないので、万が一失敗してしまったとしても、次の土地活用を行いやすいというメリットがあります。

駐車場経営のデメリットは?

駐車場経営のメリットについて解説しましたが、デメリットはないのでしょうか?

 

当然ですが、デメリットも存在しています。

 

まず、大きなデメリットとしては、立地条件などに非常に左右されてしまうということです。

 

近くに駅や商業施設、住宅などがあるという場合には、ある程度の収入が見込めますが、周囲に何もないような場所で、駐車場経営を行っても当初見込んでいただけの収入が入らないという可能性もあります。

 

立地条件によって収入が左右されてしまうのは、大きなデメリットです。

 

初期費用が少なく、手軽に始めることができますが、「単価が低い」ということも大きなデメリットです。

 

月極駐車場にする場合には、月に1台数万円という収入になりますが、コインパーキングの場合には、1台あたりの単価は数百円〜数千円程度となります。
マンション経営などと比べると、入ってくる収入は少ないです。

 

これも大きなデメリットと言えるでしょう。

 

また、節税対策にはならないということもデメリットと言えます。

 

駐車場経営をすれば、税金が安くなるということはありませんので、節税対策には向きません。

 

解体工事後の土地活用として、駐車場経営を考えている人は多いと思いますが、メリットとデメリットの両方があるということを十分理解したうえで、行うようにしましょう。

 

後悔しないようにするためにもメリットとデメリットは知っておくことが大切です。