解体工事後の土地活用、どんな活用方法があるの?

空き家などの解体工事を済ませた後の土地の有効活用方法について、しっかりと検討していますか?

 

解体工事を行い更地になったまま、土地を有効活用しないままにしてしまうと、収入がないままずっと固定資産税を支払うことになるのです。

 

この記事では、解体工事後の土地の有効活用方法について紹介します。

解体工事後の土地の有効活用が大切!

空き家などの解体工事が終わると、ホッとした気分になる人が多いでしょう。

 

しかし、解体工事をゴールにしてしまうのは良い方法とは言えません。

 

大切なことは、解体工事を行った後に、その土地をどのように有効活用するのかということです。

 

なぜ、土地の有効活用が必要なのか?ということですが、空き家を解体しても固定資産税を支払わなければならないからです。

 

解体工事をして更地にすれば、固定資産税を支払わなくてもよいということにはなりません。

 

固定資産税を支払う必要があるのです。

 

解体工事で更地にしたままにしておくと、そこから収入を得ることができないのに、固定資産税は払い続けるということになってしまうのです。

 

そのため、土地を有効活用して、少しでも収入を得られるようにすることがとても重要になります。

具体的な土地の有効活用方法とは?

 

解体工事後の土地を有効活用することが大切であるということは、理解できたと思いますが、具体的にどのように土地の有効活用をすればよいのだろうか?と悩んでしまう人も多いでしょう。

 

具体的な土地の有効活用法について紹介します。

 

駐車場として有効活用する

手軽に始められる、安定した収入を得やすい、管理が簡単などの理由から多くの人が行っているのが、駐車場として有効活用するという方法です。
コインパーキングや月極駐車場にすることで収入を得ることができます。
都内や都心部などでは、駐車場が少ないため、オススメです。
ただし、立地条件などによりますし、地方などではあまり収入を得ることができない場合もあります。

 

マンションやアパートを建てて家賃収入を得る

解体工事後の更地に新しく、マンションやアパートを建てて、そこから家賃収入を得るという方法もよく利用されています。
入居者を確保することができれば、長期的に安定した収入を見込めるためこちらはとても人気のある有効活用方法です。

 

地域に応じた、施設を作り有効活用する

その他で、多いのがその地域の特性を活かして施設を作り、有効活用するという方法です。
例えば、コインランドリーを運営する、高齢者の多い地域であれば、高齢者向けの施設を建設し、運営するなどの方法があります。

 

地域の特性を活かすことで、収入を得るということです。

 

空き家などを解体して終わりではなく、解体工事後の有効活用方法をしっかりと決めてから、解体工事を行うようにするということが大切です。

 

更地では、収入を得ることはできませんが、有効活用することで、収入を得ることができますので、これから解体工事をする予定がある人は、ぜひ土地の有効活用方法を決めてから行うようにしましょう。