可児市で家屋・建物の解体工事のことは(株)MIZUNO

可児市で家屋・建物の解体工事をご検討中の皆さま株式会社MIZUNOは愛知県を中心に地域密着あんしん無料お見積もりしております。

 

解体工事業20年の実績と年間100件の施工実績、累計2000件以上の施工実績の当社へ是非お問い合わせ下さい。

 

安心して解体工事をご依頼していただけます。

【可児市で解体工事ご検討中の方へ】解体工事の見積もりの仕組み

解体工事のお見積もりは「坪単価○万円」と言われることが多いですが、単純に50坪だから○万円と金額が決まることはありません。

 

大体の工事金額を提示することはできますが、解体工事中に土の中からブロックなどの地中障害物が見つかった場合は別途追加費用が発生する場合もあります。

 

また室内や建物外に残置物などがあると工事費用と別に費用が必要となる場合があります。

 

※当社は可児市で解体工事ご検討中の方へお見積もり費用について分かりやすくご説明いたします。

解体工事費用とは別に必要になる費用一覧

建物の解体費用とは別に見積もりに含まれる代表的な物をご紹介します。

 

物置、ブロック塀、浄化槽、庭石、庭木、池、井戸、室内残置物、カーポートこれらは建物を解体する費用とは別にお見積もりとなります。

その他に見積もりに含まれる解体工事費用

足場・養生、重機回収費、諸経費これらは建物を解体する費用とは別にお見積もりに含まれます。

 

坪単価でお見積もりできますが、実際に現地で見積もりをして上記の解体工事費用とは別に費用が必要になる計算をさせていただきます。

最初の見積もりでは計算できない費用一覧

地中障害物については実際に解体工事をしてみないと計算できません。
地中障害物とは工事中に発見される地面の下に埋まっている障害物のことです。

 

よくある地中障害物は浄化槽や古井戸などが見つかることがあります。

 

その他にも地中からガラ(レンガやコンクリートブロック、木材等)が見つかることを言います。

 

この場合は廃棄物を撤去する費用を別途お支払いしていただくことがあります。

 

地中障害物以外にも室内残置物が残されている場合は解体工事する前に計算をして別途費用が発生します。

 

解体工事中に追加で解体されたい箇所が増えた場合にも見積もり段階では計算できない項目になりますので別途費用が発生します。

可児市で解体工事完了後のお支払い方法

(株)MIZUNOの可児市で解体工事費用のお支払い方法は解体工事完了後に請求書をお送りいたしますので全額振り込みとなります。
解体工事業者によってはお支払い方法は以下となることが多いです。

  • 解体工事完了後に全額
  • 着工時に半金、解体工事完了後に残りの残金
  • 着工時、工事中、解体工事完了後に3分の1ずつ

弊社はお支払いを解体工事完了後に全額お支払いしていただく方法で解体しております。

お見積もりご依頼

解体工事のお見積もりをご希望の方は以下までご連絡お願い致します。
受付時間:9:00〜17:00
TEL:050-5246-8388

解体工事の豆知識

マニフェスト 産業廃棄物の処理が適正に実施されたかどうか確認を行うために作成する書類(産業廃棄物管理票)のことです。最近では、紙媒体ではなくデータ化されてきています。

産業廃棄物を排出する事業者は、マニフェストの作成を行い、委託業者が産業廃棄物を適正に処理しているかどうかを確認する義務が法律で決められています。マニフェストの交付を怠ったり、記載内容に漏れや虚偽があれば、委託業者はもちろんのこと、依頼者も処罰の対象となるので気を付けなければいけません。

見積書 工事に先立って発注者に提出をされる書類。工事原価に請負者の儲けが加味されている。見積書は、受注希望金額が記載された表紙と内訳書で構成をされている。図面、仕様書に基づき、材料費や手間賃、その他の経費、諸費用を分類計算し、具体的に明記している。
目地(めじ) タイルやレンガなどは焼き斑などがあり、大きさが全く同じになることはありません。密着させることは非常に難しいことから、全体的に少しでも綺麗に見えるよう、1枚1枚の間に隙間を空けて施工を行います。この隙間のことを言います。

関連リンク:岐阜県内の建設リサイクル法 岐阜県内の届出窓口