解体工事の流れ

御見積り依頼

お電話またはメッセージにて解体工事をご希望の建物のある住所等をお伝え下さい。

 

御見積書作成

建物構造種別、解体作業環境、近隣環境、搬入搬出ルート確認、解体作業重機車両選定を致します。

 

解体工法・工程を決定して御見積書を作成してお渡し致します。

 

解体工事の請負契約

御見積書の内容・工法・工程を同意して頂けましたらご契約書に署名をお願い致します。
関連リンク:請負契約とは

 

建設リサイクル法に基づく届出代行

延べ床面積が80平米を超える建物の解体工事につきましては建設リサイクル法の届出が義務付けられています。

 

特定建設作業実施届など必要であれば同時に手続きを行います。
関連リンク: 建設リサイクル法とは

 

近隣挨拶

解体工事を開始する前に予め近隣の方へ工事内容・工期・緊急連絡先等のご説明とご挨拶にお伺いします。

 

解体工事着工

解体工事の着工前に家電製品等の室内残置物は解体費用を抑えるために出来るだけ減らしておかれると低価格になります。

 

室内残置物の確認後は分別解体による工事着工に入ります。

 

産業廃棄物搬出

解体工事により生じた産業廃棄物(廃材、木、木屑、コンクリート、鉄など)を分別し、中間処理施設へ搬出・運搬します。

 

マニフェスト伝票作成

産業廃棄物の収集運搬業者は不法投棄を防ぐため産業廃棄物がきちんと処理されたか書類にしたマニフェストを作成し各処理施設へ搬入する義務があります。
又、作成したマニフェストは5年間の保存が義務付けられています。
関連リンク:マニュフェストとは

 

解体工事完了

再度近隣への工事完了のご挨拶と場内整地までして、お客様お立合いの上現場を最終確認後に解体工事完了となります。

 

建物減失登記

建物、家屋を解体した場合1ヶ月以内に建物滅失登記を行うことが義務付けられています。
建物取壊証明書を発行いたしますので、建物滅失登記を行って下さい。
建物滅失登記についてご不明な方は司法書士に依頼をすると手続きをしてくれます。